犬の椎間板ヘルニアは早期発見が大事|外科手術なしで回復可能

ドッグ

別れの前に清め支度

お花

一般的にペット火葬を行なう前にはペットの体を綺麗に整えてくれます。ですが、遺体を引き渡す前に自分達で行なう事も出来ます。まずは、お湯で全身の汚れを拭きとってあげましょう。口元や目元を優しくふき取り形を整えてあげます。目が明いている場合は、目の汚れを拭きとりながら瞼を閉じてあげましょう。口元が開いている場合も同じ様に汚れを拭きとりながら閉じてあげましょう。全身の汚れもお湯でふき取ってあげましょう。風呂に入れる事は難しいので簡易シャンプーを溶かして薄めたお湯が良いでしょう。

全身の汚れを拭きとった後には、ペットの体を無理のない程度に整えてあげましょう。死後硬直で動かせない場合はそのままでも大丈夫です。もし可能であれば、腕や足を少しまげて棺に納めやすくしましょう。棺に納める時には口や肛門にガーゼやコットンを詰めておくと体液が出ないですみます。ペット火葬では生前に愛用していた毛布やタオルも一緒に火葬する事が出来ます。もしも愛用している品があるなら業者にお願いして一緒にペット火葬してもらえる様に手配しましょう。遺体の引渡しを行なった後はペット火葬を行なっていきます。個別で火葬するならお骨を家に持ち帰る事も出来ます。その場合には、家に設置出来る墓地を購入するといつでもペットの存在を感じる事が出来るでしょう。共同墓地に埋葬する場合には定期的に訪れる事が出来ます。悲しみのあまり遺体を長く引き留めてしまうと、傷みが早くなってしまうので気をつけましょう。