犬の椎間板ヘルニアは早期発見が大事|外科手術なしで回復可能

ドッグ

販売時のサービスや保障

犬と猫

岡山のペットショップでは様々なサービスを用意しています。例えば子犬や子猫を購入する場合には必ず保障をつけて万が一の際に対応しています。この保障は購入の3か月まで適応されます。

More…

外科手術になる前に治療

動物病院

犬の椎間板ヘルニアは早期発見と治療で外科手術を行なわなくても改善する事が可能になっています。犬の椎間板ヘルニアは大きくわけて5つの進行具合が存在しています。第一段階では歩行は可能ですがあまり自発的に歩く事がなくなります。時折背中を気にして鳴く事もあります。痛みに耐えている状態なので震える事もあり、この様な変化があるなら即座に病院に行って検査を行ないましょう。第一段階を過ぎて悪化して第二、第三段階になるとさらに歩行異常が発生してきます。ナックリングを行ないふらつきながら歩くといった症状が出始めます。椎間板ヘルニアの影響で下半身の神経が麻痺し水平間隔が失われていきます。犬の椎間板ヘルニアは外科手術が必要になりますが、早期発見であれば、内科で改善する事もあります。この判断は必ず専門医にしてもらい、勝手な自己判断は避けましょう。

初期の椎間板ヘルニアなら激しい運動や動作を避ける事で症状が和らぐ事もありあます。室内ではゲージで6時間程度安静な状態を維持します。あまりに長い時間をゲージで過ごしているとストレスを与えてしまうので、無理の無い範囲で様子を伺いましょう。薬が処方された場合には、ウェットタイプの餌に混ぜて食べさせると薬を残さずに食べてくれるでしょう。薬以外の治療方法には半導体レーザーを用いた方法もあります。半導体レーザーを使うと犬の椎間板ヘルニアが早く回復し、中には2週間程度で完治した例もあります。

原産国や品質にこだわる

エサ

犬のドッグフードは通販で購入することができます。通販で購入できるドッグフードの中には品質にこだわった無添加の物もあります。原料や原産国にこだわって選ぶとより良い商品を見つけることができます。

More…

別れの前に清め支度

お花

愛するペットが亡くなった時にはその体を清めてあげてからペット火葬を行ないましょう。犬や猫は死後の2時間から3時間の間で硬直が始まります。固まる前に棺に納めやすい体勢に整えてあげましょう。

More…